体験談

ロシア派遣体験談


氏名 中西夢帆
所属・在籍課程・学年 農学部3年
派遣先国・地域名 ロシア ウラジオストク
派遣先大学等名 極東連邦大学
派遣期間 平成30年2月13日~20日

派遣プログラムの内容について

ウラジオストクを訪れ、極東連邦大学などで受ける講義や、市内の博物館や水族館の見学やバレエ鑑賞などを通して、ロシアや極東地域について、歴史や文化などの社会科学、さらには自然科学の分野においても広く知ることができました。東京から2時間のフライトで行けるにも関わらず、私にとって普段あまり身近に感じずどこか謎めいた国であったロシアですが、今回の経験を通してなんとなくですが行く前よりも確実にこの国について理解することができたと思います。

海外での経験について

自分が知らない言語が使われている国に行くのは今回のロシアが初めてだったので、言語の壁の存在を強く感じました。同時に、お互いに拙い英語とボディーランゲージ、アイコンタクトで意思疎通を図る楽しさも味わえました。また、滞在後半では全くの未知だったロシア語も、基本的な挨拶や受け答えの仕方がなんとなくわかってきて、買い物をする時などに使うことができいい経験になりました。

その他

今回ロシア、ウラジオストクに初めて訪れて強く印象に残ったことは、人種的マイノリティーになるとはどういうことかを体験したことでした。私が今まで訪れたアメリカやオーストラリアなどでは、日本を含めたアジア人が多くいたためあまり感じることがなかったのですが、ウラジオストクでは観光客を含めてもアジア人が本当に少なく、街でもあまり見かけませんでした。そのため、街を歩いているとたまに視線を感じることがあり、また何度かすれ違いざまにニーハオ、アニョハセヨ、などと声をかけられました。コンニチハとはまず言われないということに日本の知名度の低さを実感したと同時に、日本にいる外国の人も同じ様な気持ちを感じているのだろうなということに気がつきました。

凍った海の上を歩きました。

 

始めて本格的なバレエを観ました。

 

食事は毎食美味しかったです。