募集情報詳細(基礎科目)


平成31年度RJE3プログラム「基礎科目」内容

大学院共通科目である下記2科目を必ず履修すること。

①「実習」

次の5つのコースから1つを選択すること※1

科目名 実施場所 期間(予定)※2 定員
「シベリア実習:歴史・文化・民族」

(キーワード:シベリア、考古学、民族誌、環境史、世界遺産、博物館資料調査法)

ロシア
イルクーツク
7月予定 8名程度
「ヤクーツク実習:北極域永久凍土生態系実習」

(キーワード:野外観測、タイガ、永久凍土、環境、文化)

ロシア

ヤクーツク

8月予定 8名程度
「礼文島国際フィールドスクール」

(キーワード:貝塚、先住民考古学、現地調査、オホーツク文化、アイヌ文化)

*詳細は、下記のホームページを参照。

http://nt.cais.hokudai.ac.jp/jp/ifs/

北海道
礼文島
8/4~8/25 8名程度
「寒冷地開発技術実習」
(キーワード:寒冷地技術、建築設計、都市計画、地域計画)
札幌

札幌周辺

8/19~8/25 10名程度
「北海道の過去と現在」

(キーワード:北海道、アイヌ民族、札幌市、開拓、開発、炭鉱)

札幌

札幌周辺

9/3~9/6 40名程度
「日露デザインスクール」

(キーワード:寒冷地技術、建築デザイン、都市計画、地域計画、地域デザイン)

ロシア

ハバロフスク

2/16~2/23

(2020年)

5名程度

※1 コース選択は希望を考慮しますが、定員によっては必ずしも希望通りにならないことがあります。

※2 期間は変更する可能性があります。

②「RJE3概論」 大学院共通授業科目名 「極東・北極圏研究概論(Introduction to Far East and Arctic Studies)」

日露教員による分野横断的な講義を行います。開講場所は北海道大学であり、期間は8/26-8/30を予定しています(変更の可能性あり)。

1. 北海道・極東・北極圏の歴史と文化(グループ討議を含む4回の講義)
2. 北海道・極東・北極圏の自然環境(グループ討議を含む4回の講義)
3. 北海道・極東・北極圏の生活環境と地域開発(グループ討議を含む4回の講義)
4. 北海道・極東・北極圏の現在と未来(グループ討議を含む4回の講義
5. グループ発表


履修までのスケジュール

日  時
履修説明会 2019年4月11日 18:15~19:15  ※日時変更(3/11掲載)
履修申請期間 2019年4月12日~4月26日(期間中に履修登録も行うこと)
履修者決定 2019年5月上旬~中旬

場所: 学生交流ステーション1階 (111教室)

履修登録方法

各自で所属大学院の履修締切までに履修登録の上、2019年4月26日までに下記についてセントラル・オフィスに提出してください。なお、受講希望の学部生は一度ご相談ください。
①申請書(下記よりダウンロード可)
②下記リンクよりウェブ申請書送付及びビザ申請に関するアンケートを行ください。
https://goo.gl/forms/UtrGfHq4kXRR4T072
③前年度1年間の成績証明書(コピー可)
④英語能力を証明する書類(英検または申請締切日より2年以内のTOEIC, TOEFL、IELTSなど)
※英語能力証明書は、持っている者のみ提出。
※英語能力証明書を持っていない者については、別途追加書類を指示します。

Page Top