履修ガイド


RJE3プログラムでは、極東ロシア・北極圏の自然環境や歴史文化に根ざした持続可能な発展を牽引する専門家を育成することを目的とし、北海道大学と極東ロシアの基幹5大学が協働し、日露共同の教育プログラムを構築しています。各コースの修了生は、ユーラシア大陸を横断して流動する情報・物流・人材・経済の架け橋となることが期待されます。

対象
大学院生と大学院進学希望の学部生
使用言語
英語を基本とする。科目によりロシア語を使用する場合もある。
極東ロシアの5協定校
  • 北東連邦大学(ヤクーツク)
  • 極東連邦大学(ウラジオストク)
  • イルクーツク国立大学(イルクーツク)
  • 太平洋国立大学(ハバロフスク)
  • サハリン国立大学(ユジノサハリンスク)
学生支援
交通費・滞在費・奨学金の支給あり

RJE3プログラムにおける4段階の教育カリキュラム

「準備科目」「基礎科目」を受講する「基礎科目修了証」授与コース、「基礎科目」修了後、「専門科目」「発展科目」の受講により構成される「RJE3共同修了証」授与コースがあります。

RJE3プログラムにおける4段階の教育カリキュラム

「基礎科目修了証」授与コース

主な対象
  • ロシアに興味がある大学院進学希望の学部生
  • 極東・北極圏関連の研究をはじめたい大学院生

※学部生が「基礎科目」を受講する場合、単位取得・修了証授与はできません。

履修の内容

「基礎科目修了証」授与コースでは、まずは「準備科目」を受講し、そして「基礎科目」を受講するという段階的な構成となっています。なお、「基礎科目」からの受講も可能です。「基礎科目」の修了後には、「基礎科目修了証」が授与されます。また、コース修了後には、単位取得を目的としたロシア留学による「RJE3共同修了証」授与コースへ進むことができます。

準備科目

履修科目 未定 ※短期留学スペシャルプログラム(SP)国際交流科目(海外留学)
として行われる予定です。
開講期間 未定。 1週間程度で実施予定。
科目内容 極東ロシアの5協定校の中から2校への短期研修により、ロシアの歴史文化や言語、そして社会情勢についての「ロシア学初級編」の講義を受講します。研修校の講義は、ロシア側教員が担当します。また、ロシアの学生との交流や大学構内・市内におけるエクスカーションなどを実施し、ロシアへの理解を深めます。
使用言語 英語
募集時期 未定
履修方法 こちらをクリック

基礎科目

履修科目 【概論】
大学院共通授業科目:RJE3 「極東・北極圏研究概論-日露交流プログラム:環境・文化・開発-」Introduction to Far East and Arctic Studies: Russia-Japan Joint Education Program: Environment, Culture and Sustainable Development(HSI登録科目)
【実習】
  • 大学院共通授業科目:RJE3「礼文島国際フィールドスクール-日露交流プログラム:環境・文化・開発-」International Field School in Rebun Island: Russia-Japan Joint Education Program: Environment, Culture and People(HSI登録科目)
  • 大学院共通授業科目:RJE3「ヤクーツク実習:北極域永久凍土生態系実習」
  • 大学院共通授業科目:RJE3「シベリア学実習:歴史・文化・民族」
  • 大学院共通授業科目:RJE3「北方圏の文化と環境保全実習」
  • 大学院共通授業科目:RJE3「寒冷地開発技術実習」
開講期間 7月末~8月において概論が1週間程度、実習が1週間程度、計2週間程度で実施予定。
科目内容 「基礎科目」は【概論】と【実習】で構成されているため、受講生は、【概論】「大学院共通授業科目:RJE3<極東・北極圏研究概論-日露交流プログラム:環境・文化・開発->」に加え、上記5科目のうちいずれか1つの【実習】を履修登録します。
【概論】 日露のRJE3参加学生全員が北海道大学に集まり、日露教員による分野横断的な共同講義を実施します。そして、日露学生の混成グループによるディスカッションや発表により、極東・北極圏の重要課題について議論します。また、エクスカーションも実施されます。
【実習】 テーマ別のフィールド実習は、上記の5科目の中から選択します。
使用言語 英語
募集時期 3月中旬から4月下旬まで
履修方法 こちらをクリック

「RJE3共同修了証」授与コース

主な対象
  • 極東・北極圏関連の研究をロシアで実践したい「基礎科目」修了生

「基礎科目」修了によりロシア、特に極東・北極圏関連の分野横断的な基礎力をつけた学生に対して、「環境評価」「文化的多様性」「土壌と生産」「地域資源開発」「防災管理」の中から専門分野を選び、極東ロシアの5協定校に留学して日本では得られない高い知識を得ることを目的とします。また、これまでの研修過程において得た知識を最大限に活かしインターンシップや論文作成を実践します。

履修の内容

「RJE3共同修了証」授与コースは、主にロシア側大学の各部局で開講している「専門科目」「発展科目」の受講により構成されています。ロシアの大学での単位取得後、一定基準を満たせば日露教員の共同評価による「RJE3共同修了証」が授与されます。

ロシア留学については、短期と長期により研修ができます。
短期留学:数週間~3ヶ月未満 長期留学:3ヶ月以上~1年未満。
※受入先の大学によって、留学期間等の条件が違います。

専門科目

履修科目 ロシアの大学にて開講する「専門科目」
開講期間 9月から翌年6月までの期間の中での開講。
科目内容 ロシアの大学で開講されている専門性の高い科目を学生自身の研究テーマに合わせて履修します。留学先では、2単位以上の単位取得を目指します。
使用言語 英語、初級程度のロシア語
※科目によっては中級以上のロシア語が必要な場合あり。
募集時期 1月下旬から5月下旬 ※希望する留学先大学や、留学期間によって、募集時期が異なります。
履修方法 こちらをクリック

発展科目

履修科目 大学院共通授業科目:RJE3(極東・北極圏研究特別演習)
開講期間 4月から翌年3月までの期間の中での開講。
科目内容 これまでの研修過程において得た知識を最大限に活かして、下記のうちひとつを実践します。

  1. 極東・北極圏関連の自治体・企業で組織や仕事の進め方を現場で学ぶインターシップ
  2. 学術雑誌への投稿や学位論文の作成を目的とした日露両教員による論文指導
使用言語 英語、日本語
募集時期 3月中旬から4月下旬まで/10月上旬から中旬まで(通年開講)
履修方法 こちらをクリック

履修資格

  1. 各科目の申請から修了まで、北海道大学に在籍しているもの。
  2. RJE3プログラムの課題(環境評価・文化的多様性・土壌と生産・地域資源開発・防災管理)に興味を持ち、それらの課題解決に貢献する意欲があるもの。あるいは、本課題に関連する分野の研究を行っているもので、フィールドワークに興味があるもの。
  3. 学業成績が優秀であり、選考時の前年度の成績評価閨秀(GPA)が、2.00/3.00以上であるもの。(GPAの計算方法はこちらを参照)
  4. 科目の受講に十分な英語能力を有していると認められるもの。
    (目安)英検準1級、TOEIC 740、TOEFL(ITP/iBT/CBT):550/80/213、IELTS 5.5

履修スケジュール

履修ガイド

Page Top