HOME > RJE3プログラムとは

RJE3プログラムとは

極東・北極圏を対象として、北海道大学とロシアの大学間において蓄積された環境、自然災害、民族・言語・文化等のフィールド共同研究実績およびネットワークに基づき、極東ロシアの基幹5大学と北海道大学の複数大学院、北海道や極東ロシアの自治体、産業界の代表などで構成されるコンソーシアム(East Russia-Japan Expert Education Consortium、以下RJE3コンソーシアム)を構築し、極東・北極圏の持続可能な環境・文化・開発を牽引する専門家集団を育成する取組みです。

ウラジオストクの極東連邦大学、ヤクーツクの北東連邦大学、ユジノサハリンスクのサハリン国立大学、ハバロフスクの太平洋国立大学、イルクーツクのイルクーツク国立大学の5大学とともに、①環境評価、②文化的多様性、③土壌と生産、④地域資源開発、⑤防災管理の5分野を基軸として、極東・北極圏および北海道地域において、持続可能な未来を担う人材育成を行うプログラムです。

このページの先頭へ